通訳案内士法改正に伴う研修(観光庁研修)の実施について


 改正通訳案内士法の施行(平成30 年1 月4 日)により、改正法施行前に通訳案内士試験に合格し、全国通訳案内士として登録されている方は、新たに全国通訳案内士試験に追加される「通訳案内の実務」科目について、観光庁長官が実施する研修(観光庁研修)の受講が義務づけられました。観光庁研修受講の対象となる全国通訳案内士は、平成31 年度末までに観光庁研修を受講しなければなりません。

【実施概要】

実施概要

観光庁研修は、平成29 年度から平成31 年度まで、集合研修やウェブ上での動画視聴等の方法により実施いたします。改正法施行前に通訳案内士試験に合格し、全国通訳案内士として登録されている方は、平成31 年度末までに観光庁研修を受講してください。

実施主体  観光庁
費用 無料(集合研修の会場までの交通費、動画研修の通信料は各自ご負担となります)
科目

観光庁研修で扱う「通訳案内の実務」は、次の3科目となります。

 ①旅程の管理に関する基礎的な項目・関係法令に関する基本的な知識

 ②外国人ごとの生活文化への対応

 ③危機管理・災害発生時等における適切な対応

 ※効果測定テストを実施します。

講義時間

各科目60分程度

 ※集合研修、動画研修のどちらか一方をご受講ください。

修了証等

観光庁研修の修了者には、修了証を交付いたします。

なお、観光庁研修の受講状況は「通訳案内士登録情報検索サービス」の「研修受講年月日」の欄に反映されます。

平成30年度の観光庁研修について


  平成30年度の観光庁研修についてスケジュールが公表されました。

  詳細や最新の情報は、こちら (観光庁ホームページ)よりご確認ください。


【観光庁研修実施に係るお問合わせ先】
観光庁 観光産業課観光人材政策室(担当:笠井、松本)
連絡先:03-5253-8111(内線27-332、27-331)
FAX:03-5253-1585  Eメール:hqt-tuuyaku@ml.mlit.go.jp